男の痰壺

映画の感想中心です

キル・ビル Vol.2

★★★★ 2004年4月27日(火) 梅田ピカデリー1

f:id:kenironkun:20220123032114j:plain

正直、前作での「日本映画」もどきでは勘違いとしか感じられなかったリスペクトという熱い代物が「マカロニ」・「香港映画」に対してはド真ん中から俺を射た。模倣の域を超えた室内格闘演出の巧さで沸点到達した後ではヘタレや緩さまでもが愛おしく思える。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com