男の痰壺

映画の感想中心です

たそがれ清兵衛

★★★★★ 2002年11月11日(月) 梅田ピカデリー1

初時代劇への拘りの成果が殊更あったとは思えない。しかし、血糊や死体にたかる蠅等は、意外な抽斗とは思わないにしても、よくぞ踏み切ったものだと思う。男女の思い思われ恥ずかし世界と親子の情愛は同じようなものを何度見せられても惚れ惚れする巧さ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com