男の痰壺

映画の感想中心です

パリの調香師 しあわせの香りを探して

★★★★ 2021年1月23日(土) シネリーブル梅田2

f:id:kenironkun:20210124082619j:plain

ある技能における天才と凡人ドライバーの組み合わせという点で「グリーンブック」を、クスブった俺に高値の花の彼女がなぜか、っていう点で「ロングショット」を思わせる。

 

成功の要因の第一は主演のエマニュエル・デュヴォスのらしさによる。もう50代の彼女の俗世と隔絶したような佇まい。何考えてるかわからない能面は、イザベル・ユペールの正統後継者かとさえ思わせる。

そんな彼女が、できない感情表現の殻を破って微かに滲み出させる情動の片鱗。そんな慎ましやかな瞬間が、この映画ではものすごく雄弁であります。

嗅覚を喪失したときの慄きや、女マネージャーを放逐したときの苛立ちや、ドライバー男を訪ねていったときの安堵など。

 

男はバツイチで、母親と暮らしている小さな娘に月1とかで面会して1日過ごすのを楽しみにしている。車で走り出した親父に「どこ行くの?」と娘。親父はおもむろに後部席から紙袋を取って渡す。「何?」と取り出したそれは水着であった。あーっ、と俺の脳裏に瞬間的に浮かんだ娘のリアクション「なにこれ、ダッセー」は娘の嬉しそうな様子に打ち消された。

素直ないい子なのであった。まあ、海に着いたら土砂降りでおよげなかったんですけど。