男の痰壺

映画の感想中心です

ぼくの伯父さんの休暇

★★★ 1994年8月3日(水) 京都朝日シネマ1

このユローという受動的キャラクターが少なからずイラつく。チャップリンの模倣もあからさまでオリジナリティがない上に攻撃性に転化するまでもいかない弛緩ギャグは未だ幾何学構図の冷徹を獲得していない。バカンス風景の郷愁感だけが救い。(cinemascape)