男の痰壺

映画の感想中心です

ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気

★★★ 2016年11月28日(月)大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
恋の形成過程も熟成過程も多分におざなりである。
確かに映画の本線は権利を得るための社会を巻き込んだ「闘い」にあるのだろうし、実話ということで脚色にも限界があったかもしれない。
だが、この結末が深い共感をもって受け入れられる為には、2人の絆をもっと強固に描かないとならなかったと思えるのだ。
 
 
難病演技のジュリアン・ムーアは当然にそつがないが、やはり映画の核心を担うのはエレン・ペイジだろう。
それまでの孤独で過酷な生をオーラのようにまとわせた佇まい。
常に相手の瞳を通り越して遠くの何かを探すような眼差し。
製作も担っただけに気合入りも半端じゃなかった。