男の痰壺

映画の感想中心です

ワニと鸚鵡とおっとせい

★★ 1978年1月7日(土)  ダイニチ伊丹
イメージ 1
「貫太郎」や「ムー」的久世流下町人情譚とし企画されたのだろうが、松竹の微温コード下、過剰さが全く不足でうら寂しい。一方、秋吉を配した山根センチメンタリズムは成すすべも無く封殺される。超安易企画でTVの促成バラエティと同レベルだ。 (cinemascape)