男の痰壺

映画の感想中心です

天命の城

★★★★ 2018年7月15日(日) 大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
敗戦に至る何日間かを描いてるのだが、意外なほど醒めた視線だ。
もっと情緒過多なのかと思ったが、分析的で怜悧。
わかっている結末に向けての単線構造を、ほぼ夾雑物無しで突き進む。
 
知略も戦略も大してない王がいる。
そこに取り入って覇権を伸ばそうとする愚臣が徹底的に描かれる。
現場感覚が欠如したうえに大局的な情勢の読みもできない。
 
和平派(イ・ビョンホン)と抗戦派(キム・ユンソク)の対立で映画はすすまない。
2人は考えは違うが馬鹿じゃないわけで、映画は彼らと馬鹿愚臣の対立に関心を寄せる。
 
冒頭の氷河の案内人を斬る件をはじめ魅力的なエピソードが満載。
清側の通訳をつとめる朝鮮族の男をはじめ深みのあるキャラクターも豊富。
 
ただ、近衛兵師団のエピソードが佳境なのだが、そこが如何にも短尺で食い足りない。