男の痰壺

映画の感想中心です

ジャッジ・ドレッド

★★★★ 2013年9月14日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20190928211025j:plain

スローモーなるドラッグの幻視効果を執拗に描いて、そのハイスピード撮影が人体破壊に敷衍するあたり、この際どい専制題材を描くに毒をもって制する感がある。設定の空間限定の閉塞は容赦の無さによって破砕され、男女ペアの仄甘さがその救い難さを緩和する。(cinemascape)