男の痰壺

映画の感想中心です

アジアの純真

★★★★ 2011年12月10日(土) 第七藝術劇場

f:id:kenironkun:20201108194013j:plain

全肯定には躊躇するが、少なくともマスで醸成された言説を全否定し、且つ強固な自己反省を携えつつ世界に牙を向くという正しい在り様には賛同。大島・若松的な気骨はキューブリックアイロニーに至る。全般粗いがロングの絵画的センスも特筆。(cinemascape)