男の痰壺

映画の感想中心です

博徒外人部隊

★★★ 2009年12月5日(土) 新世界東映

f:id:kenironkun:20210425044846p:plain

確かにこれに『ソナチネ』の設定は酷似している。ただし北野死生観を担うのは鶴田ではなく安藤昇なのだ。一方若山は『沖縄やくざ戦争』の千葉へ先鋭化されゆく。何より深作演出の『仁義なき』闊達さには今更だが惚れ直した。(cinemascape)