男の痰壺

映画の感想中心です

タロットカード殺人事件

★★★★ 2007年12月1日(土) シネリーブル梅田2

f:id:kenironkun:20210912042201j:plain

ええ年こいた爺さんが若いおなごと如何様に接したいか、又接して欲しいかという理想郷のような世界が延々と繰り広げられて陶然としてしまう。俺はウディほどの年ではないが現役であり続けたいものだ。『殺人狂時代』への垣間見えるリスペクトも好感。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com