男の痰壺

映画の感想中心です

サディスティック&マゾヒスティック

★★★ 2001年4月13日(金) シネヌーヴォ

良識人的風貌の小沼がSMという題材に傾倒する何かが露呈されたわけでもない。ただ真摯に付与の仕事に向き合ったのだとする中田の抑制には好感を持つ。谷ナオミとの邂逅シーンはさながら『インテルビスタ』のフェリーニとエクバーグだ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com