男の痰壺

映画の感想中心です

十八歳、海へ

★★★ 1980年7月31日(木) 毎日ホール
イメージ 1
青春の殺人者』の原作・脚色者を再組合せし『サ-ド』の主演コンビをマッチングさせた企画もん丸出し作。藤田特有のシラケ感は、所詮重量級の観念劇と噛み合わず、訳知り顔のわからん話がしんどい。唯一安藤庄平のヘヴィなカメラが気を吐いていた。(cinemascape)