男の痰壺

映画の感想中心です

2021-12-31から1日間の記事一覧

オールド・ボーイ

★★★★ 2005年3月18日(金) 新世界国際劇場 カフカ的迷宮に陥れるのではなく明快に解答を出してしまうところが物足りなく、しかも何十年もかけての執念というのが説得性を持たせ得たかというと…?人間ってのはけっこう忘れちまうもんだと思うから。そこらへんが…

真夜中の虹

★★★ 1992年8月1日(土) アクア文化ホール エッセンスが網羅されており、淡々としてるが飽きない…のではあるが、数年後に絶対領域に突入するカウリスマキの未だ削ぎ落とし切れぬ思いが、磨きの足りぬ工芸品のように作品の輪郭を曖昧に曇らせている。(cinemasca…

カンフーハッスル

★★★★ 2005年4月13日(水) CINEMAしんげき1 目を惹かれたのは縦横に移動する長回し内での過剰なまでの天こ盛りの創意。真にリスペクトするものには誤魔化しは無礼と言わんばかりのシンチーの引きのスタンスが図らずも親爺リスペクトに連鎖した。とは言…

パトリス・ルコント Patrice Leconte

生年:1947/11/12 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

原桂之介 Keinosuke Hara

生年:1978/12/07 kenironkun.hatenablog.com

裸足の伯爵夫人

★★★★ 1992年7月22日(水) 梅田コマシルバー 成り上がって行くガードナーを常に醒めた視線で眺めるボギーがプロらしい冷徹さを演じて正にタイプキャストだが、つるむオブライエンともども根底には慈愛がある。救いがない顛末を語るに絶妙な距離と語り口。『イ…

ハウルの動く城

★★★★ 2005年3月21日(月) 伊丹TOHOプレックス7 ハウルが何故に孤軍奮闘我が身を賭して闘うのか解らないのに出自等はけっこう描かれ、その辺が論理的世界観の構築から逃げムーディに媚びてるようにも感じたが、細密画の如き「動く城」が動く様には矢張り…

奴隷契約書

★★★★ 1982年1月24日(日) ダイニチ伊丹 調教するとかされるとかの通常この種の映画で重視される自意識の変容過程は完全排除され端から「奴隷」なる1個の物体として呈示される徹底ぶりは社会的モラリズムをぶっ飛ばす一種の爽快感さえある。小沼と組んだ前田…

トニー・リチャードソン Tony Richardson

生年:1928/06/05没年:1991/11/14 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

ロブ・エプスタイン Rob Epstein

生年:1955/04/06 kenironkun.hatenablog.com