男の痰壺

映画の感想中心です

愛、 アムール

★★★★ 2013年3月15日(金) シネリーブル梅田1

f:id:kenironkun:20200321210325j:plain

捻りも無い老老介護映画とも思えるのだが、それでも、感情を抑制し事の進行を淡々と凝視する精緻さには引き込まれる。鳩とトランティニャンの引き芝居の長廻しこそハネケの真骨頂。過酷な帰結のあとの黄泉への誘いの陶然。随分優しくなったもんだ。(cinemascape)