男の痰壺

映画の感想中心です

狙撃

★★★★ 1993年7月11日(日) 日劇シネマ

f:id:kenironkun:20220410053055j:plain

若大将以降を模索する加山の真摯な虚無表現と森のパロディ手前のダンディズム。一歩違えば大滑りなところを生真面目に斜に構えず事を行い格好がついた。そういう作り手の姿勢に好感を覚える。堀川も『黒い画集』の冷徹さを思えば意外でもない。(cinemascape)