男の痰壺

映画の感想中心です

家族

★★★ 1994年2月2日(水) テアトル梅田1

列島を縦断するだけで犠牲にせざるを得ないものがあったが、一方計り知れない希望もあった。清潔や安全と引き替えにユートピア幻想が崩壊した今、時代の記録として感慨を覚えるが、ただ机上の設計を旨とする山田にロードムービーは向いてない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com