男の痰壺

映画の感想中心です

地獄の女スナイパー

★★★★ 1994年2月12日(土) 新世界国際劇場

パクリであっても『荒野の用心棒』の価値が些かも揺るがぬ如くに『ニキータ』のそれと言われるだろう運命を社会派ダミアーニは愚直な律儀で受け流す。マカロニックな図太さ。アクションとして派手さは無いが詫びしいまでの地味さが堪らない味わいを醸す。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com