男の痰壺

映画の感想中心です

緋牡丹博徒 花札勝負

★★★★ 1995年2月19日(日) 新世界東映

良い意味で情を垂れ流すのが仁侠映画の約束事としそれを如何に厳格な様式をもって修飾するかという世界観の中では、これは同じ加藤の『明治侠客伝 三代目襲名』と並び双璧。好き嫌いはともかくこの峻厳さの前には納得し平伏すしかない。シリーズ最高作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com