男の痰壺

映画の感想中心です

熱砂の秘密

★★★★ 2017年12月16日(土) プラネットスタジオプラス1
イメージ 1
ビリー・ワイルダーの初期作だが、ほとんど言及されていない作品と思う。
でも、すごく良い出来だった。
 
何といっても脚本が秀でており、全く緩まない。
ルビッチ直系の共闘者チャールズ・ブラケットとの共同脚本。
なんでも「グランド・ホテル」の』焼き直しらしいが未見。
 
第2次大戦下の砂漠の中のホテル1ヶ所での人の出入りによる戯曲めいた作品なのだが、虚実のない交ぜ方が秀でている。
ロンメルという実在人物を物語に介入させるのだが、これを似ても似つかないエリッヒ・フォン・シュトロハイムが演じてすごいカリスマだ。
名優の役者力を感じる。
 
ラストのパラソル傘に胸が少し熱くなった。
大戦下に散った儚くも美しい命に仮託したワイルダーの思い。
それが、後年の「シャーロック・ホームズの冒険」に継承されたのが感じられたから。