男の痰壺

映画の感想中心です

2018-11-12から1日間の記事一覧

ソニはご機嫌ななめ

★★★★★ 2014年9月6日(土) シネマート心斎橋2 短気な自己チューで倫理観低そな彼女だが、一方で酒付き合いだけは良く止め処ないグダ喋りにも延々付き合ってくれてエッチ障壁も低い。そういうピンポイントのホン・サンス的理想に激しく同調する。ラストの鉢…

さすらい

★★★ 1980年9月13日(土) SABホール 2度とは戻れぬ過去にしがみついて虚無と絶望の狭間をたゆたう様が、アントニオーニの後の作品のような透徹された先鋭ではなく物語に未だ拘泥しており緩く平凡に感じられる。急転直下に流れを断ち切るラストは確かに秀逸…

ロイ・ビーン

★★★★ 2018年11月11日(日) プラネットスタジオプラスワン 一番秀逸なのはジョン・ミリアスの脚本だと思う。 ヒューストンの演出は縦構図とアップを縦横に駆使してストップモーションの遊びなど自在な感じでいい。 しかし、おそらくこの映画で最大のヤマ場で…

るろうに剣心 伝説の最期篇

★★★ 2014年10月5日(日) MOVIXあまがさき5 結局とっ散らかした前篇を回収する為にだけ奉仕するプロット群で、その間を繋ぎ止めるエモーションが欠落。気合入りのシークェンス構築力で一応は吸引力を維持するが体育会系一辺倒の殺陣も飽きる。福山登板…

モダン・タイムス

★★★★★ 1980年7月12日(土) 毎日文化ホール ラング・クレールの延長線上に立脚したチャップリン集大成にして最高到達点。工場とスケートリンクの至宝級の芸に加えて「悪声」の不協和音爆弾が歴史を刻印する。ドライなユーモアと程良いペーソスが絶妙の配合。完…

ボヘミアン・ラプソディ

★★★★ 2018年11月9日(金) 梅田ブルク7シアター1 クイーンにそれほど興味を持ったことはない。 俺が10代のころ、彼らに対して勝手にもっていたイメージは女子に人気のバンド。 まあ、ベイシティ・ローラーズとかそんな類ってもんだろってな感じであった…