男の痰壺

映画の感想中心です

ひめゆりの塔

★★★ 1982年7月23日(金)  伊丹ローズ劇場

f:id:kenironkun:20200712053517j:plain

あにいもうと』が成功したものだから同じ水木洋子脚本の再映画化第2弾ということだろうか。が、ここには天才(秋吉久美子)が不在であったし戦争への思いは年とともに劣化する。職人芸は健在で予想外に悪くはないが、切迫感に欠ける。(cinemascape)