男の痰壺

映画の感想中心です

トゥモロー・ワールド

★★★★★ 2006年11月18日(土) ナビオTOHOプレックス8

f:id:kenironkun:20211031042942j:plain

多くの長回しが何かを見せんが為に周到に構築されている点にまず唸ったが、そんなことをもブッ飛ばす後半の怒濤の展開。キュアロンはSFという衣を脱ぎ捨て現在世界の混沌と対峙する。そして、訪れる確信的な希望にこそ涙せねばならない。今だからこそ。(cinemascape)