男の痰壺

映画の感想中心です

殺人狂時代

★★★ 1991年1月19日(土) ルネサンスホール

f:id:kenironkun:20211031042249j:plain

喜八が拘泥するのは、あくまで映画技法内の熟達であって真のアナーキズムとは遠くかけ離れていることを露呈してしまった。そのアクの強さは認めるが哀しいまでに幼稚な世界観。シーンを横断するアクション繋ぎも遣りすぎでしんどい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com