男の痰壺

映画の感想中心です

ロスト・バケーション

★★★ 2016年8月1日(月) TOHOシネマズ梅田6
イメージ 1
 この設定でこうなるとの予定調和から些かの逸脱も無いし見せ方に於いてショットの連鎖が勢いの域に安住し怠惰である。終局の展開は不親切というより思い上がりだ。端末大好き僻もどうかと思う。ただ空間の距離設定が秀でており辛うじて映画っぽさを維持した。  (cinemascape)