男の痰壺

映画の感想中心です

ピンク・パンサー2

★★★★ 1980年9月3日(水)  伊丹グリーン劇場
イメージ 1
品の良い連中が精一杯バカやってるのに嫌みになっていない。真剣にバカやろうとしているからだろうし、エドワーズもセラーズも選ばれし者ということだ。微妙な境界線上を擦り抜けたシリーズ最高作。アンスワースの撮影も十全だった。 (cinemascape)