男の痰壺

映画の感想中心です

隣の女

★★★ 1983年9月5日(日)  ビック映劇

f:id:kenironkun:20201122093019j:plain

焼け木杭に火がついたあと主体がシーソーのように入れ替わる作劇のドラマトゥルギーは十全だが、何せアルダンもドパルデューも茫洋として切れがなく、近所のおっさんおばはんの逢瀬みたいでどうでもいい感が拭えず入れ込めない。撮影もコク無く平板。(cinemascape)