男の痰壺

映画の感想中心です

薄桜記

★★ 1993年6月20日(日) サンポードアップルシアター

正直、何がどうなろうとどうでもしろとしか思えない展開で一片の感情移入をも出来かねる。それが、リアリズムの対極としての様式美ではなく大量生産のルーティーン似非美学に乗せて呈示され堪らん。この白塗りの時代劇の良さは俺にはどうしても理解不能。(cinemascape)