男の痰壺

映画の感想中心です

鏡の中にある如く

★★★ 1993年1月4日(月) ホクテンザ1

後の『沈黙』や『冬の光』の圧倒的とも言える孤独地獄は未だ突き詰められてはいない。完璧なニクヴィスト撮影の深度をもってしても展開はと性と北欧的神秘義に依存している。ベルイマン印のキーワードのオンパレードだが、詰めのところで臨界線上。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com