男の痰壺

映画の感想中心です

瞳が忘れない ブリンク

★★★ 1994年9月4日(日) 新世界国際劇場

ワンアイデアの中級サスペンスも手堅い職人監督にスピノッティ級の撮影を掛け合わせると上出来のサスペンスになる。ストウは人形みたく趣味でないが幻視するキャラとして表情の硬さが寄与し哀切さを醸し出す。他の地味キャストも世界観に適合してる。(cinemascape)