男の痰壺

映画の感想中心です

PiCNiC

★★★ 2001年10月20日(土) 梅田ガーデンシネマ2

片隅で唱える終末の孤絶した世界観は蠱惑的ではあるが抽象化というかシンボライズが昇華し切れてなく青くて生硬。しかし、それを補って余りあるCHARAのラジオ音声めいた声と巻き舌喋りが鬱陶しい反面心地よくもあるという不可思議なアンビバレンツ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com