男の痰壺

映画の感想中心です

ワンダーストラック

★★★ 2018年4月14日(土) シネリーブル梅田3
イメージ 1
ヒューゴの不思議な発明」と同じ原作者のものであるらい。
あの映画も、俺は全くダメだったが、これもイマイチです。
どうも、原作者はメカニカルな意匠に関心が高いらしく、今作でも博覧会に出品されたニューヨークの大ジオラマがフィーチャーされるし、不思議小物の収納棚みたいなのも出てくる。
ほーっ…とは思うが、で、だから?…なのだ。
 
1920年代の少女の母親探し。
1970年代の少年の父親探し。
この2つのストーリーは並行してカットバックされる。
てっきり、これは2人の時空を超えた邂逅があるんだな…っていう不思議物語の定番展開を予想しました。
が、違ってました。
 
【以下ネタバレです】
 
少女は少年のお祖母ちゃんだったんですなあ。
なんじゃそりゃです。
身もふたもありまへんがな。
 
俺にとっての本作の美点は2つ。
1つは、70年代の街中の再現が素晴らしい。行きかう人々のファッションやヘアスタイルなど。
2つめは、少年が父親探しの過程で知り合う少年がいるんですが、彼のバックボーンが明らかになるにつれて、その孤独感が否応なく表出される。はっきりとは描かれないが少年はゲイであるニュアンスがある。
ここに、トッド・ヘインズとしては自身を仮託したのではなかろうか。
そう思うと切なく遣る瀬無い。