男の痰壺

映画の感想中心です

★★★ 2000年9月2日(土) テアトル梅田1

悲惨な状況に諧謔を差し込むことは有りだとしても真のどん底から遠ざける。ひとつひとつのエピソードはそれなりに魅力があるが単なる羅列に終わり再生につながる道程を構築しきれない。主人公の生き様に対しての感情の寄せ場がないから感銘も覚えようがない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com