男の痰壺

映画の感想中心です

女と男の観覧車

★★★ 2018年7月7日(土) シネリーブル梅田3
イメージ 1
どうも、前作の「カフェ・ソサイエティ」から撮影を担当しているヴィットリオ・ストラーロが今いちに思われる。
アレン作品の撮影監督はどっちかというと硬質な画作りをする人が多かった気がするのだ。
中期のカルロ・ディ・パルマはアントニオーニの、スヴェン・ニクヴィストベルイマンの撮影を手掛けた人。
直近のダリウス・コンジ「セブン」の撮影監督。
 
に対してストラーロベルトルッチの撮影監督として或いは「地獄の黙示録」の撮影監督としてキャリアは申し分ないのであるが…。
結局、ジジイなんですわ。
アレンもジジイでダブルジジイでは現場が思いやられます。
なんか今回も1ショット内で照明変化させたり色々やってるんだけど、何故だかピンと来ません。
 
愛欲の果てに逸脱していく女。
この映画の元ネタはわかりませんが、ウィリアム・インジやテネシー・ウィリアムスの匂いがする。
そうであるなら、硬質なうだるような湿度を感じさせる画作りをしてほしかった。