男の痰壺

映画の感想中心です

スマホを落としただけなのに

★★★ 2018年11月2日(金) 大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
私事だが、先日スマホのショートメールに佐川急便の不在配達の連絡が入っていた。
なんやねん、最近はこんなんすんのかいな。
とクリックすると佐川のHPが出てアプリを取得しろとか書いてある。
うっとしいのお…と見るのをやめた。
どうせ郵便受けに不在通知も入れてくれてんのやろし…と思ったのもある。
帰って女房に聞くと、そんなん知らんと言う。
おかしいなあ、そんなはずないやろとメールを見せようとしたら、息子が来て見せろと言う。
「あのなあ、あやしいなと思わなあかんで、あやしいと思ったら検索してみいや」
「あやしいなんて思わんかった」
「…見てみいや、めっちゃ出てるで、佐川の偽メール被害の話」
「そうなん」
「クリックしてへんやろな」
「した。ホームページみたいなんが出た」
「それも精巧に作られた偽ホームページやで…ああ、アプリとってへんやろ」
「おお」
「それとったら終わりやったで」
「どうなんねん」
「全部情報抜き取られてまうねんで」
 
過日、エロサイトをスマホで見てたら、いきなり
「あなたは会員登録されました」と来た。
そして「つきましては会費40万円を請求させていただきます」と来た。
おいおいと思って下を見ると
「キャンセルご希望なら下記に電話してください」とある。
エロサイトを見てたことが公になるとヒジョーに恥ずかしい。
で、あわててかける奴もおるんやろな。
と思ったが、さすがに冷静になって、こりゃ吊りやなと思ってしなかった。
 
スマホって怖いですなあ。
 
で、映画であるが、そういう怖さはあるのだが、何せ詰めが甘い。
ハッカーが暗証番号を探っていて、生年月日をFBとかで探り当てて、それを入れてログイン、ビンゴ!
って、そんなわけないやん。
あと、刑事が容疑者のスマホをログインしようとして、車のナンバー入れてでビンゴ!
って又かよって感じですわ。
 
多くの怪しい登場人物が出てミスリードを誘うのだが、ちゃんと回収しきれてないのもあかんね。
特に若い刑事だが、こりゃ反則やわっていういい加減さです。
 
中田秀夫に、もうまるっきり期待するもんもないのだが、やっぱり昔日のことを思うとさびしい。
で、肝心の景子ちゃんであるが、彼女はスッピンがやっぱり可愛いですなあ。
その点だけは満足でした。