男の痰壺

映画の感想中心です

秘密への招待状

★★★★ 2021年2月13日(土) 大阪ステーションシティシネマ12

f:id:kenironkun:20210214023512j:plain

見た後で調べたらスザンネ・ピアの「アフター・ウエディング」のリメイクだそうで、未見ですが多分そっちの方が傑作なんやろなと思います。

男性2人が主演だったオリジナルを女性2人に変えている。ジュリアン・ムーアが自分が演じる為に企画・制作したのだから当然と思うし特に違和感もない。でも、男が主役であったら哀しいまでの侠気が表出されていたのだろう。

 

ある意味これは、トリッキーな作劇のもたらす余韻を噛み締める映画で、その練られた仕掛けは見事なもんで、先入観の転倒がもたらす余韻が感銘を倍化する。まあ、しかしそれはオリジナルから踏襲したものであろうと想定されるのである。

 

今作の一番の見どころは、ミシェル・ウィリアムスをとことん堪能する映画である点だと言っていいと思います。それは、俺がミシェル・ウィリアムスが好きなのもあるんですが、前半の疑念にかられた忸怩たる状況下での抑えた風情は絶品である。ジュリアン・ムーアのオフィスで2度にわたって繰り返されるミシェルへのワンサイドの抑圧と、その後で頭にきた彼女がエレベーターを使わず階段をヒールを脱いで駆け下りる描写は女性に主役を変えたことを活かしたシーンだと思いました。