男の痰壺

映画の感想中心です

リベリオン

★★★★ 2005年6月15日(水) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211219070536j:plain

設定が恥ずかしいまでに稚拙なのが幸いし物語の強度を増幅させる。終盤では不覚にも目が潤んでしまった。親が思うほど馬鹿じゃないってことだね。そうあって欲しいよ。統計的推学「ガンカタ」も嘘だろうと思う間もない位決まってた。(cinemascape)